スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去の大物

本日の過去の大物・・・・

ジャーン、「カンコ」です!またの名をウッカリカサゴ。
何でもその昔、著名な学者さんがカサゴ属の和名を整理している時に
うっかりこのカンコをカサゴと同じ分類にして論文を発表してしまったからだとか。
体の白い斑紋の輪郭がカサゴはくっきり、カンコはぼんやりとしています。
まあこんなに巨大になるのはカンコですが・・・。

カサゴは手のひらくらいの大きさになるまでに3年ほどかかります。
この巨大カンコはたぶん10歳くらい。
皆様小さいカサゴはリリースしましょう。

DSC00602_convert_20091218014309.jpg
式根島 2007年6月

最近暖かくなってきたので、そろそろ今年の初釣行に行きます。
スポンサーサイト

今日のお魚紹介

本日のお魚紹介です。

鋭い歯、キラリと光る眼、しなやかな腰つき(?)・・・・

DSC00570.jpg

本日のお魚紹介は「タチウオ」です。
漢字で書くと「太刀魚」。命名は太刀に似ているから。
切り身で見ると何のことやらわかりませんが

DSC00572.jpg

なるほど!本当に日本刀みたいです。
大きさは「何㎝・・・」ではなく、「幅が指何本」で表現するお魚。
尻尾がピロピロして長さがうまく測れないのでこのように表現します。
ちなみに指4本幅だと80センチくらい、指5本だと1メートルオーバー。(東京湾MAXサイズ)
指8本とかのモンスターサイズが関西にはいるとか・・・。

顔は怖いですが釣りたては本当に本当に銀色がきれいで、美しい魚です。
向かいの船で釣れたりするとキラッ、キラッ、と光り輝きます。
メッキなどの素材にも使われるこの銀色は、鮮度が落ちると鈍く光り、においを発します。
釣り人にしかわからないこの太刀魚の美しさ・・・
ALTのIさん!今度は太刀魚につれていきますよ!

さばくのはとてつもなく難しいです。
私も何度もなかおちだらけになって、刺身→焼き魚 になったことか・・。
お勧めは皮をあぶったお刺身!
まな板がべっちょりするくらいの冬の太刀魚は釣り人しか味わえないお魚です。

なんか書いていたら釣りに行きたくなりました!
冬の釣りはめちゃめちゃ寒いです。
どうしよう・・・。





ホウボウ

本日のお魚紹介は「ホウボウ」でございます。

ボーボーと鳴くからホウボウとか
ホウボウ探したからホウボウとか・・・。

どのお魚にも共通なのですが
生きている時のほうが100万倍きれいです。
つぶらな青い瞳、進化したハラビレ(砂をトコトコ歩く&砂の中に潜んでいる食べ物を感じるセンサー)、
うちわのようにまん丸の胸びれ・・・。

DSC00506.jpg
DSC00520.jpg

東京湾には、こんな船がたまに走ってます・・・。
DSC00507.jpg

下はイタリア・チェチナのスカッチャペンシエーリのホウボウ・・・。
繧、繧ソ繝ェ繧「20090330-0410+021_convert_20091216030407
目つきが悪すぎです。
日本のホウボウのほうがかわいい。

過去の大物 その3

過去の大物その3です。

毎年必ずカツオの一本釣りをします。
漁師みたい・・・、と思われるでしょうが
かなり身近な場所で一本釣りの醍醐味が味わえてしまうのです!

カツオは暖流にのって移動する回遊魚。
春とともに北上してくる南からのあたたかい海流に乗って
関東沖にやってきます。これが初ガツオ。
そのまま東北沖まで北上して夏を迎え
秋になり暖流が南に後退するのと一緒に、また関東に戻ってきます。
これが戻りガツオ。
20050728_sst_convert_20091209025209.jpg
カツオが移動するには訳があります。
暖流にいるイワシの群れを追いかけているのです。
初夏に関東でとれるカツオは小ぶりで赤身が多く、脂もあまりのっておらずさっぱり味。
秋に戻ってきたカツオたちはイワシをいっぱい食して大きくなり、脂もたっぷりのっています。

2008.7.17
CELLOLE 2004とカツオたち
036_convert_20091209023125.jpg

2009.10.29
IL CARBONAIONE 2005とメジマグロ
DSCN1639_convert_20091209030847.jpg

寒くなってしまったので、今年はカツオ漁はもう終わり。
来年の夏が待ち遠しいであります。
ALTのIさん、来年はつれて行きますよー!

何事もなせばなる

何事もなせばなる。
昔の方はよくいったものです。

画像UPできました。
小さな一歩ですが前進しました。

というわけで
今回は過去の大物です!

2007年6月の式根島にて釣りあげた
マハタでございます。
約8キロでございました。

プロフィールの写真のその後でございます。
DSC03190_convert_20091128141823[1]
おもりの着底を感じることができず、ラインがどんどんでていきました。
巻きはじめると重ーい!
根がかりかと思いましたが、ちょっとずつラインは巻けます。
底に住んでるお魚はあまり動きません。あたりがわかりづらいです。
150→100mラインまで来ると急に大暴れです。

そして何とか釣りあげました。
アドヴァイスをしてくれたゴメさんに感謝です。

このマハタを超える大物にまだ出会っておりません。

1/100の確率でイレギュラーな大物がかかる→これはほとんど運です。
それを釣りあげれるか、ばらすかが経験の差なのです。
もちろん仕事道具(竿、リール)、ライン、仕掛けも関係してきますが。

広大な海の真ん中の船の上だと大きさがいまいちよくわかりません。
家に持って帰ってきてキッチンにのせて初めて大きさに驚きます。
20076-9+005_convert_20091128141406[1]
でっかいです。
そして「食べきれるのかなー・・・」

もちろん美味しくいただきました!
だってハタはちゃんこ鍋の高級食材!
浜値でキロ10000円はします!

また式根の海で出会いたいです。

続きを読む

プロフィール

タカテツ

Author:タカテツ
イタリアワインの伝播に生涯をかける!
たまには趣味の釣りにも行きたい今日この頃・・・
仕事と釣り、そして家族に全力投球の毎日を綴る!
A.C.C. NO.25

時計
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Flashリバーシ
by Orfeon
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。