スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海と山

台風2号が通り過ぎて、今日は一瞬の晴れ間が見えました。
3週間連続で休みが雨でしたが、久しぶりに日光を浴びることができました。

最近、野暮用で修善寺によく行っております。

修善寺をあまり知らない方のために・・・
修善寺とは
伊豆半島のちょうど真ん中の山間部にある伊豆の温泉地。
「修善寺」というお寺を中心に発展したそうです。
山の中にありながら、すぐに東伊豆や西伊豆の海の幸も楽しめてしまうという
都心から車で1時間半で行けるなかなかのスポットなのです。

自然が手つかずで残っています。
都会のもやしっ子の私としては山に入ると驚きの連続です。

特にハチが怖いです。
子供のころにクワガタを取りに近所の山に入り、
よいしょっ、と木に登ったら、
そこに大きなスズメバチがいて、ヴーーーーーンと目の前でホバリングしてました。
子供ながらにおっかなくて、ちょっとちびったのを思い出します。

排水溝の落ち葉を掃除してたら出てくる出てくる、沢ガニ。
沢ガニ
なかなかのグッドサイズです。近くに湧水が出ている所もあって
そっちのほうはもっとウジャウジャいます。
唐揚げにしたら美味しそうだな。。
でも、顔を見てたなんだか可愛くてできませんでした。

ガサゴソと動き回る、かつての地上の王者ティラノサウスの末裔「トカゲ」くん。
きれいなトカゲ
なかなか七色に輝く美しいバディ。
とてもきれいですが急にがさっと出てくるので、ちょっとビビってしまいます。

豊富な山菜たち。
山菜1
ふきのとうはシーズンを過ぎてしまいまりませんでしたが、食べれる野草がたくさんです。
左から、山椒の芽、あけびのつる、「一番右は不明」←エシャロットみたいに強烈な小玉。

山菜酢漬け


これからは暑くなりそうですが、
今はとっても過ごしやすい、いい気候です。

PC(ほんとはある)もケーブルテレビもWillもないので時間が長いです。
9時には寝て朝7時には起きる、朝型生活もなかなか楽しいです。

これからも
たま修善寺レポートをしていきます。
スポンサーサイト

久しぶりに新幹線

久しぶりに新幹線に乗りました!
どうしてもビールが飲みたくなってしまうのは仕方がありません。

新横浜駅でシウマイ弁当と黒ラベルを購入。
黒ラベルとシウマイ

向かった先は・・・
大阪城近景

大阪です!(人生初♪)

大阪のイメージとしましては
タコ焼き、お好み焼き、くし揚げ、通天閣、阪神ファンの町。
大阪出身の方すみません。想像力に乏しくて。

人がいっぱいいるところが苦手な私。
石垣島、奈良、高知(ここは今込んでいるからパス)、箱根♨、の候補地がありましたが
一度、大阪というところを見ておかなければ!と一念発起。

到着後・・・
すごい人です。おまけに暑い~。
東京で言うなら新宿みたい。
人の多さと暑さにやられて、時間ピッタリにチェックイン。
宿泊先は頑張ってウエスティンホテル大阪
このホテル最高です。帰りたくなくなります。
あまりの居心地の良さに外に出たくなくなります。
中でも29Fからの景色はすばらしいです。
景色1

やっぱり高層マンションに住みたい~。

その②へつづく。

山梨勝沼ワイナリセミナー Vol.2

山梨勝沼ワイナリセミナー Vol.2

畑からワイナリーに移動しました。
この設備は一般の方は入ることができないプレミアムワイナリー。
ここは一回の収穫量が少ない日本のワイナリーに対応した小分けで仕込める施設です。
さすがはワイン好きのみなさんです。すごい集中して聞いております。
ワイナリーに移動
後ろの葉っぱを持っている右後ろの女性は、家でシャルドネを育てるのだとか・・・。
頑張ってください!

10Kの葡萄が入るバスケットに収穫して・・・
10Kかご

ここに葡萄を入れて、ベルトコンベアーで上に運び・・・
葡萄コンベア

この機械で葡萄の実を房から外し・・・
粒にする

状態の悪い葡萄をここで取り除き・・・
粒選び台

やさしくプレスして果汁をしぼります。
強く搾ってしまうと必要のない成分まで抽出してしまうので
ホワッとソフトに搾るのです。
エアプレス
昨年いったピエモンテのモンキエーロ・カルボーネと比べると一つ一つの設備が小ぶりです。
食用のブドウが大半を占める日本では、たくさんの葡萄が集まるのを待っているよりも
いい状態の葡萄を少量ずつ仕込んだほうがいいワインが造れるのだそうです。なるほど・・・。
もちろんトップシーズン用の大きな機材も常備しております!↓
大きな機材

次はワイナリーの中へ移動しました!
醗酵用のステンレスタンクも小ぶりのものが並んでいます。
赤ワインは醗酵中に酸素に触れたほうがタンニンが滑らかになり色の抽出もいいので
上面解放型タンクを使用します。
反対に白ワインは参加を嫌うので密閉型のタンクを使って醗酵します。
上面解放タンク

ワイナリーの横にあった機械・・・。何だと思いますか?
これは貴腐ブドウを搾る油圧式のプレス機。
干しブドウよりもカランカランな状態になった貴腐葡萄たち。
通常のブドウは3気圧で搾るのですがこれは200気圧かけることができます。
貴腐ブドウプレス

不思議なバリックを見つけました。
確か容量は225Lのはずじゃ・・・。
謎のバリック
これは税務署に報告する為の印字。
水を使って一つ一つの樽の容量を計測しているのだとか。。。
イタリアでは見たことのない光景です。さすが細かい日本のお役所です。

次はテイスティングセミナー会場に移動!

Vol.3に続く・・・。

山梨勝沼ワイナリーセミナー Vol.1

5/22(土)に山梨県甲州市勝沼町に行ってきました!
お店の募集で集めたワイン好きの方々、総勢36名様と一緒です!
会費8400円のこのセミナーあっという間に満席になってしまいました・・・。
参加できなかった方、ごめんなさい。。。また楽しいイベントを企画しますね。
それでは当日のレポートです!

8:30集合 
8:45出発
今日も朝から快晴です。甲府の最高気温は27℃の予報です。
朝早くから遅刻する方もなくピッタリ集合していただきました。ありがとうございます!
今日のバスはニュー東京さん。安全運転で1日よろしくお願いいたします。

バス

9:30 中央高速道路
順調なクルージング・・・・、の予定が!お天気いい=行楽日和=渋滞!!!
あらら・・・。
渋滞

休憩のSAまでばっちり2時間かかってしまいました。すみません。
相模湖をこえると渋滞も解消されて快調なドライブ。

11:25分
予定の30分遅れで勝沼に到着しました。
ワイナリー全景


今日お世話になるワイナリーはサッポロワイン勝沼ワイナリーです。
1976年創業。勝沼地区でも最大級の規模を誇る規模と生産量。
はじめのご挨拶

左が醸造家の工藤さん。カリフォルニア・デイヴス校で醸造学を学んだ精鋭です。
右は畑の責任者田中さんです。穏やかなお顔ですが葡萄の話になると熱いです。
工藤さん&田中さん


さっそく畑に移動して今日のメインイベントの一つである畑作業!
「芽かき」の体験です!

シャルドネの畑
20才の樹齢。太い幹からグイグイ芽が伸びていました。
もう芽じゃなくて枝だな・・・。
シャルドネの畑

シャルドネの梢(こずえ)とお花のつぼみ。毎年5/25ごろ開花です。あと少しで小さくてきれいなお花が咲きます。
ちなみに「こずえ」とは枝から出ている芽がぐんぐんと伸びている先をさすようです。
Dエモンの歌に出てくる「こ~ずえの向こうは~おひさま~がー♪」はこのことだったと37歳になって初めてしりました。
日々勉強ですね。
シャルドネの梢

田中さんによる芽かき作業の講習
めかき作業指導
かなり大胆に枝を落としていきます・・・。あまりにも大胆すぎて皆さんがビックリ。
そして実際に作業を体験です。

ひとりが一つ葡萄の樹を担当します!責任重大です!
DSCN2078_convert_20100523192135.jpg
この枝残そうかしら?取っちゃおうかしら・・・?
葡萄の樹とにらめっこです。

Vol.2に続く・・・。

魚大好き

先日半日がかりでカチュッコをつくりました!


ベースを作って・・・
ブロデット

お魚のアラを使って出汁をとります!
今日のお魚は「キンキ」。北の高級魚です。
FUJIガーデンでお買い得価格でした。

キンキ

あっつ!完成した画像がない!
しまった・・・。

それではコメントで・・・
お魚を食べて→リゾット→パスタのベースにしました!

カサゴの仲間は美味しい。

リゾットの画像がありました!
魚のリゾット



プロフィール

タカテツ

Author:タカテツ
イタリアワインの伝播に生涯をかける!
たまには趣味の釣りにも行きたい今日この頃・・・
仕事と釣り、そして家族に全力投球の毎日を綴る!
A.C.C. NO.25

時計
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Flashリバーシ
by Orfeon
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。