スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温泉はいい

先日久しぶりに箱根にいってきました。
箱根に行くと強羅「とんかつ里久(りきゅう)」に必ず行きます。

鹿児島産黒豚使用のとんかつ。
ロース定食をたのみましたがとんかつがでっかいです。
250g以上はあります、ご飯&キャベツをお代りする隙がありません。
ヒレ定食もでかいです。
分厚いけど柔らかい肉質、野菜たっぷりのやさしいソース。う~ん、とんかつ食べて自分がマイアーレ。

219.jpg

今回の宿泊先は箱根・芦の湯「松坂屋」さんです。
芦之湯「松坂屋」
1662年創業の大老舗です。
西郷どん、桂小五郎先生、勝海舟安房之守、そうそうたる方がお泊りになった宿です。
平成19年に大改装をして古きを残しながらモダーンな客室に改装。
桂先生もお泊りになった宿に泊まれるとは感無量であります。(かなり背伸びしてますが。)

私、革命の英雄は3パターンあると思います。

1:特攻型 
  変人とも思われるくらい、奇抜で行動的な人物。
  その存在が危険すぎて必ず早く命を落とします。

2:実行型
  革命の意志を受け継ぎそれを具体的に実行する案を考えられる人物。
  このタイプもまた、早くに命を落とします。
 
3:事務化型
  上記を事務化する能力のある人物。
  栄華を手に入れて長生きします。
  
1の代表的な人物は吉田松陰先生。
2は坂本竜馬。
3は伊藤博文。

2と3にはさまれて非業に終わってしまったのは西郷どん。
2なのに3にはいってしまい、苦しんだのが桂先生。

個人的には桂先生のような人物にひかれます。
京都の霊山護国寺の墓所には2度参拝しました。
誰よりも山の高い所にあるのに、さみしい感じが心を打たれます。
  
この宿を選んだ理由はそれだけじゃあありません!
  
1Fと2Fがあるメゾネットのお部屋。
年に一度の贅沢・・・。

2F寝室
DSCN1828_convert_20100130011822.jpg
1F&露天風呂
DSCN1829_convert_20100130011900.jpg
源泉かけ流しの露天風呂
DSCN1886_convert_20100130012319.jpg

箱根の湯といっても地区ごとに湯の成分が違うってご存知ですか?
キアンティ・クラッシコも地区ごとに違うように
箱根温泉にも地区ごとの違いがあるそうです。(テロワール?)
この芦之湯は箱根全山でも一番の良質湯。
もったいない、もったいない、と思って5回くらい浸かったら
疲れがとれるどころか、反対に疲れが噴き出してきました。
ほどほどがよいのでしょうか・・・。

ちなみにちょこっと見えているのは
シャンパーニュ「ペウ・シモネ ブラン・ド・ノワールNV」
クリュッグも葡萄をかっているRM。
まだまだ酸がばっちりでしたが、飲みごたえがあって
冬にはピッタリでした。温泉&シャンパーニュ・・・なんて贅沢・・・。
ばっちり2キロくらい太って、自己最高体重を更新しました・・・。


DSCN1869_convert_20100130012413.jpg
スポンサーサイト

ブログはむつかしい

ブログはむつかしいです。
気がつくと穴だらけの更新・・・。
戦友のジョルジョ氏いわく
『更新に追われてUPするのはつまらないですよ。のんびりいきましょう!』
なかなかかっこいい。
ブロガーナカツカ氏に追いつく日はくるのか・・・。

気分を変えて
『今まで読んだおもしろかった本』紹介します!

『慟哭』
最後までストーリーが読めなくて、通勤時間だけでなく
就寝前にも読んでしまいました。この本はおもしろい。
ただのサスペンス物ではない!
42501.jpg

『冷たい校舎の時は止まる』上下
サラーっと読み始めると、日常の登校シーン・・・。
うわ~、つまらん。読むのやめよかな・・・。
もう少し進むと・・・おもしろいです。
あまり内容は書かないでおきます。
チョット後半長いかな。

182375-1.gif

『燃えよ剣』上下
言わずと知れた司馬遼太郎先生の名作。
土方歳三を通して見た、新撰組の誕生から繁栄、そして崩壊までを描く長編。
歳三がかっこよすぎる!
115208.jpg

『一夢庵風流記』
前田慶次郎=傾寄者(かぶきもの)の生き様。
かっこいい!かっこよすぎる!
漢(おとこと読む)がほれる漢(おとこ)、前田慶次郎。
学生の頃、ジャンプで『花の慶事』を読んでましたが
この歳になって読んでみると、その頃何も感じなかったくだりに、ジ~ンときたりします。
これはおすすめの1冊。

117414.jpg

今日の食卓

先日また手巻き寿司しました。
今回は奮発してタラバ付き!
DSCN1807.jpg

DSCN1808.jpg
一緒に飲んだワインは
バローネ・リカーゾリの『アルビア・ロゼ』。
手巻きを準備しながら半分以上飲んでしまいましたが・・。

ロゼのイメージは昔飲んだ『ロゼ・ダンジュ』のイメージがなかなか抜けずに困っています。
口当たりがいい、ちょっと甘口・・・。
私甘いワインが苦手です。おえ~っ、となります。(甘いワイン好きな方すみません)

サンジョヴェーゼ100%のロザートは辛口で旨い。
酸もビシッとしていて切れがいいです。
先日飲んだモンテベルナルディ・ロゼも最高においしかった。
マグロの赤身にもほどよい厚みを与えてくれて
手巻き寿司にもピッタリ!
老舗が作るデイリーワインはレベルが高いです。
私のようなエンゲル係数の高いものにはありがたいです。

なぜかこの時期2~3月になると騒ぎ出すロゼワイン。
『今年はロゼワイン人気に火がつく!』毎年ききますが・・・。
ブームを仕掛けるのではなく、本当に美味しいロゼを紹介してファンを増やしていきたいです!



本日のチーズ

今年から始めたことがあります
『毎回夕食にチーズをそえる!』です。

冷たい牛乳を飲むとおなかがゴロゴロするので
加工品のチーズを摂るようにしています。

本日のチーズは『クール・ド・リヨンのラフィセル』。
ラフィセルとはパンという意味だとか。
言われてみれば食パンの1斤にみえます。
牛乳100%のチーズです。
ウォッシュチーズですが香りは穏やかで
酸もほどほど。
2時間くらい常温に戻すと芯までトロトロになります。
上質なバターのような余韻です。
これは美味しい!
チーズ好きになってきました!

DSCN1815.jpg

そしてメインは子羊のロースト。
さすがに賞味から5日過ぎると香りが強いです。
子羊は大好きですがいつ頃からか脂が食べれなくなりました。
そこが旨いんだ!という方もいらっしゃるとお思いますが・・・。

DSCN1814.jpg

先日ノートパソコン落としました。
全盛期の長州のバックドロップを思わせるような垂直落下。
DSCN1813.jpg
キーボードの下が割れたー。
壊れてないか心配な今日この頃。

オッソブーコ

先月のことですが
近所に明治屋ができました。
おもしろいお肉がいっぱい売っております。

今回は初めての食材『オッソブーコ』です!
つまりは牛すね肉の煮込みなのですが
じっくり煮込むとスジがトロトロでとっても美味しい!

DSCN1776_convert_20100106015701.jpg


ジャーン!できました!
周囲の皮(?)に切れ込みを入れなかったせいか
真中が盛り上がってしまい、一時期は福岡ドームみたいになってしまいましたが
急遽切れ込みをいれて事なきを得ました。


DSCN1800_convert_20100104233942.jpg

煮込みすぎて若干パサついてるような・・・。
いや、はじめてにしては上出来です!
またトライします!
プロフィール

タカテツ

Author:タカテツ
イタリアワインの伝播に生涯をかける!
たまには趣味の釣りにも行きたい今日この頃・・・
仕事と釣り、そして家族に全力投球の毎日を綴る!
A.C.C. NO.25

時計
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Flashリバーシ
by Orfeon
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。