スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大好きな番組

毎週必ず録画してみている番組があります。

満天青空レストランです。
青空レストラン

宮川氏を中心に
毎回いろいろなゲストと日本の食の名産地をめぐり
時には山に入り、時には荒波の海で釣りをしたりと
毎回なかなか面白いです。
前半は採取、作製、釣り
後半は名産品をご馳走になりながらサッポロビールで乾杯。。。

なんでいい仕事なんだ~!
うらやましい。

宮川氏の体当たりな訪問もすばらしいです。
今週も楽しみです。
スポンサーサイト

最近飲んだヴァン・ジョーヌ

先月ですがヴァン・ジョーヌを飲み比べる機会がありました。

ヴァン・ジョーヌはソムリエの試験勉強のときには勉強しましたが
まさか飲む日が来るとは思ってもみませんでした。
vin jaune 6 gazou dai 


左から
①Vin Jaune L'etoile 2002 Domaine Geneletti
酸ばっつり、香ばしい、藁、コクの余韻長い
②Vin Jaune Arbois 2003
酸バッチリ
③Vin Jaune Cote du Jura 2000 Ch D'arlay
濃い黄金色、紹興酒の香り、甘い、フルーティー
④Vin Jaune Arbois Jaune 1999 Rolet Pere et Fils
辛い、少し甘さもある
⑤Vin Jaune Ch.Chalon 2000 Domaine Macle
さっぱり味、クミン香
⑥Vin Jaune Arbois Pupillin 1999 Maison Pierre Overnoy
余韻ながし、Iさんの差し入れ。ありがとうございました。
⑦Jura
アイルランドのジュラ島で造られるシングルモルト。
柔らかく香り高し。

ヴァン・ジョーヌははたして食前酒なのか食中酒なのかという観点になり
最初の30分くらい辛くて辛くてうまみどころではなかったのですが、
コンテやサラミなどの相方がいると、じょじょにうまみを感じてきます。
寒いところのお酒なので、常温でガシガシ飲める辛口が必要だったかと。
コンテ、ジャガイモのオーブン焼き、鶏・豚のクリームソースなどの
濃厚なお料理と合わせてみたいです。
現地ではザリガニのクリーム煮のお皿に、チョビッとヴァン・ジョーヌを垂らして
ソースと混ぜながら食すのがネイティブなのだとか。

うーん、ヴァン・ジョーヌも面白いな。

コトー・シャンプノワ

最近衝撃を受けた白ワイン。
シャンパーニュのスティルワイン:コトー・シャンプノワ。
Anbonnay Blan Andre Beaufort

andre beaufort

シャンパーニュで造るスティルワイン。
この地区でのビオディナミの先駆者:アンドレ・ボーフォール。
アンボネイ産のシャルドネ100%、樽醗酵、樽熟成。
ブルゴーニュとおんなじ作りなのに、すっごい酸です。やっぱりシャンパーニュは寒いな。
飲んだ後にムムッと背中が寒くなるくらいの酸です。寒い産地のワインが好きな人にはピッタシ。

プチグレシャンベノア+vin blancs

トリプルクリームのプチグレシャンペノアの濃厚なクリームと塩気と合わせると
ワインが旨甘く感じるから不思議です。
2升ぐらい飲むとやっと甘みを感じる日本酒みたいに酒豪向きのワインなのかも。
ちなみに左から
Borgogne tonnerre les larmes de divona 2007
Domaine Amoury Beaufort
上の造り手の息子さんが作るシャンパーニュの南、シャブリの北にあるAOCトネル。
これまた酸が強いが甘みもありバランス良い。リンゴ、モモ、チョイ濁り。
Ambonnay Blanc
上記のワインです。
Sant-Aubin Domaine des Deux Roches 1998
リンゴの蜜、シードル、黄金色、甘い香り、アプリコット、ブラインドでシュナン・ブランかなと
思いました。
不明()
Savigny-les-Beaune 1er Cru Les Marconnets Simon Bize 1999
熟成感たっぷりだがまだまだ果実味と葡萄の甘さは残る。

熟成ワインよりも
若くて酸がしっかりしたタイプが美味しいな。。

つづく

地震から2週間

地震から約2週間。

本棚から落っこちた花瓶兼コルク入れ
地震で落下の花瓶
大破してました。
一緒に落ちたジュリオ・フェッラーリ99とドン・ペリニヨン99はびくともしてません。
さすがは瓶内発酵の瓶。

近くにガソリンスタンドがあるのですが朝大渋滞が出来てました。
普段は車の通りはあまりないのですが。。。
ちなみに全部の車が止まってます。注意しているパトカーも含めて。
ガソリンを求めての渋滞

やっと余震もすくなくなってまいりました。
電車の本数もまだまだ少ないですが動いているだけで助かります。
(地震の日は電車が止まって店泊まりになりました)

すこしづつ試飲したワインをUPしていきます。

追伸:靖国神社の桜も咲き、東京でも開花宣言が。日本一の桜を今年も見に行かなくては。。

地震

昨日地震がおきました。

ちょうど店に出勤している時で
オリヴィエ・ルフレーヴのピュリニー・モンラッシェ02を紹介しているときでした。
あれっ?しゃべりすぎで貧血?と思ったらグラグラとしだして
お客様とお店の外に非難しました。
瓶がカタカタとゆれ、壁の中がキチキチときしんでました。

記憶に新しい地震は幼稚園の頃の震度5でした。
お昼時の被災で母が作ってくれたラーメンのどんぶりがテーブルの上で
ひっくり返ったのを覚えています。

今回感じたことは
交通機関の弱さと
携帯や固定電話(こちらはまだいい)の弱さ
(ツイッターが一番レスポンスがいいみたいです!)
被災時の連絡網の必要性
ワインの陳列の安全性の確認
でした。

おかげさまで家族も無事でお店も無事でした。

お店どまりだったのでとりあえず雨風を凌ぐことはできました。
ワインも食料もあるし。。

被災された方々とその親族の皆様に心からお悔やみ申し上げます。





プロフィール

タカテツ

Author:タカテツ
イタリアワインの伝播に生涯をかける!
たまには趣味の釣りにも行きたい今日この頃・・・
仕事と釣り、そして家族に全力投球の毎日を綴る!
A.C.C. NO.25

時計
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Flashリバーシ
by Orfeon
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。