FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気づいてみれば

気づいてみれば、はや半年。
う~ん、継続は力なりとはよく言ったものです。

また少しづつですが近況をUPしていきます!というわけで
最近飲んだワインたちを紹介します。

今まではイタリアワインに接する機会が多かったのですが、
職場が変わりフランスワインを口にすることが多くなりました。
基本的にはイタリアワインが好きなのですが、
それじゃあ「フランスワインの何を知ってるの?」といわれると
まだまだ知識不足・・・。
しばらくは真面目にフランスワイン勉強していきます!
敵を知り己を知れば百戦危うからずです。


DSC_0010.jpg
左から
ニコラ・ジョリー クロ・ド・ラ・クールドセラン 1989
 ロワールのシュナンブラン。結構酸が元気。まだまだ熟成可能。
ニコラ・ジョリー クロ・ド・ラ・クールドセラン 1990
 リンゴの蜜、シードルのような味。甘さも感じる飲み頃感がある。
ジュランソン・ヴァンダンジュ・タルディヴ 2001
 甘い蜂蜜のようだ。

80年代のワインを飲む機会はなかなかな方のですが、
シュナンブランは熟成させてなんぼな品種なんですね。
若いヴィンテージの時の、酸とほろ苦さがきれいにうまみに変化しています。

ロワール、面白いな。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タカテツ

Author:タカテツ
イタリアワインの伝播に生涯をかける!
たまには趣味の釣りにも行きたい今日この頃・・・
仕事と釣り、そして家族に全力投球の毎日を綴る!
A.C.C. NO.25

時計
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Flashリバーシ
by Orfeon
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。