FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山梨勝沼ワイナリセミナー Vol.2

山梨勝沼ワイナリセミナー Vol.2

畑からワイナリーに移動しました。
この設備は一般の方は入ることができないプレミアムワイナリー。
ここは一回の収穫量が少ない日本のワイナリーに対応した小分けで仕込める施設です。
さすがはワイン好きのみなさんです。すごい集中して聞いております。
ワイナリーに移動
後ろの葉っぱを持っている右後ろの女性は、家でシャルドネを育てるのだとか・・・。
頑張ってください!

10Kの葡萄が入るバスケットに収穫して・・・
10Kかご

ここに葡萄を入れて、ベルトコンベアーで上に運び・・・
葡萄コンベア

この機械で葡萄の実を房から外し・・・
粒にする

状態の悪い葡萄をここで取り除き・・・
粒選び台

やさしくプレスして果汁をしぼります。
強く搾ってしまうと必要のない成分まで抽出してしまうので
ホワッとソフトに搾るのです。
エアプレス
昨年いったピエモンテのモンキエーロ・カルボーネと比べると一つ一つの設備が小ぶりです。
食用のブドウが大半を占める日本では、たくさんの葡萄が集まるのを待っているよりも
いい状態の葡萄を少量ずつ仕込んだほうがいいワインが造れるのだそうです。なるほど・・・。
もちろんトップシーズン用の大きな機材も常備しております!↓
大きな機材

次はワイナリーの中へ移動しました!
醗酵用のステンレスタンクも小ぶりのものが並んでいます。
赤ワインは醗酵中に酸素に触れたほうがタンニンが滑らかになり色の抽出もいいので
上面解放型タンクを使用します。
反対に白ワインは参加を嫌うので密閉型のタンクを使って醗酵します。
上面解放タンク

ワイナリーの横にあった機械・・・。何だと思いますか?
これは貴腐ブドウを搾る油圧式のプレス機。
干しブドウよりもカランカランな状態になった貴腐葡萄たち。
通常のブドウは3気圧で搾るのですがこれは200気圧かけることができます。
貴腐ブドウプレス

不思議なバリックを見つけました。
確か容量は225Lのはずじゃ・・・。
謎のバリック
これは税務署に報告する為の印字。
水を使って一つ一つの樽の容量を計測しているのだとか。。。
イタリアでは見たことのない光景です。さすが細かい日本のお役所です。

次はテイスティングセミナー会場に移動!

Vol.3に続く・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タカテツ

Author:タカテツ
イタリアワインの伝播に生涯をかける!
たまには趣味の釣りにも行きたい今日この頃・・・
仕事と釣り、そして家族に全力投球の毎日を綴る!
A.C.C. NO.25

時計
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Flashリバーシ
by Orfeon
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。