スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終戦記念日を考えてみる

1945年(昭和20年)8月15日 日本のポツダム宣言受諾により、
太平洋戦争(第二次世界大戦)が終了しました。

戦死者約212万人、空襲による死者が約24万人。
非戦闘員である一般市民の死者が多いのはB29の編隊による
度重なる地方都市の爆撃と2度にわたる原子力爆弾投下の為です。

B29は軍事施設をピンポイントで爆撃するではなく、
クラスター構造(大きな爆弾が上空700Mでパカッと分解して36個の小爆弾が降り注ぐ)になった
焼夷弾(可燃しやすい油がタップリ入った爆弾)で市街地との区別なく爆撃する、
絨毯爆撃をおこないました。
この絨毯爆撃=「無差別殺人」は
戦争の中でも禁じ手(そもそも戦争に禁じ手があるのが不思議だ)でしたが、
木造家屋の密集する日本都市にはかなり有効な爆弾です。
(日本軍も他の国で絨毯爆撃しましたが・・・)
その被害の度合いの大きさから、国家としての体力を激しく消耗させて
、戦闘の維持をできなくさせるのだとか。

終戦記念日ではなく敗戦日と言わないのはなぜでしょう。

戦争を起こしたことが、とてつもなく悪いことで
地球が存在する限り、
その負い目を償いながら日本は存在しなくてはならないという考えは
間違っていると思います。(もちろん戦争は反対です)
その時の正義というのは確実に存在しています。
一部の軍部の独裁化には賛成できませんが。

アジアで目立って勢力をつけてきた日本を、
生意気だからシメテやろうという某国の
地球規模の警察魂には頭が下がりませんが、
そんなことを言うなら、自分たちが侵略した(併合)
太平洋の島や北アメリカ大陸の領土も返還すべきです。

敗戦国の軍隊創設は遠い遠い道のりです。
他国の基地を国土内に設置させ、騒音でうるさいのだとか、
ヘリコプターが落下したとか
ピーピーいうのではなくのではなく、
自国だけの力で独立した国の姿を望みます。

以上、私の個人的な意見。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タカテツ

Author:タカテツ
イタリアワインの伝播に生涯をかける!
たまには趣味の釣りにも行きたい今日この頃・・・
仕事と釣り、そして家族に全力投球の毎日を綴る!
A.C.C. NO.25

時計
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Flashリバーシ
by Orfeon
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。