スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルゴーニュの2009

早いものでブルゴーニュ赤の2009が入荷し始めてます。
bourgogne Rougeクラスならなんとか飲めそうですがプルミエやグランクリュは
ちょっときつそうです。
2005年に続く良年になった2009年。06,07,08と苦戦していただけに期待も大きいですね。

試飲色々1 5月

左から
Bourgogne Rouge Cuvee Selection 2009
Domaine Tortochot
樽香がほのかに。タンニンもざらっと。
プラミーな果実。口に渋みの余韻が残る。
あと半年後に会いたいかな。

Nuits Saint Georges Les Chaines Carteaux
Doufouleur Pere et Fils 2001
ペリエール・ブランはアンリ・グージュでよく知られていますが、
デュフルールもひそかにつくってます。

もともとは
1936年、アンリ・グージュ氏が所有する1級畑クロ・デ・ポレの中に
偶然白いブドウを実らせた若枝を発見。同氏は好奇心から翌春、
その7~8本の枝から接木を行った。その一年後、植え替え可能
に成長している4株を植え替え、4年後の1942年にその4株が安定的に
白ブドウを実らせることを確認した。
この苗はブドウ学的にピノ・ノワール種と似た性格を持ち、
味わいもピノ種で造られた赤ワインを思わせる要素を多く持つものであった。
グージュ氏はこの株を仲間の生産者達にも分け与えたため、
この品種でワインを造っているのはグージュ家だけではないが、
同氏の進取の精神を称え、モンペリエ醸造学校で、ピノ・グージュの名前で登録されている。
大量コピペですみません。
ピノ・グリージョみたいな厚みとほろ苦な余韻がありました。

Ch.Barrabaque 2003
Canon Fronsac
細かいオリが舞っているせいか、ほろにがな後味。
2~3日、オリを沈めたほうがよさそう。
イチゴ、タバコ、プラムジャム、2003だけど結構酸がのっている。

Ch. de Comme 2003
Saint-Estephe
果実味の強さが前面に出ている。アルコールの収斂性も高い。
すっごいタンニンですが美味しい。
この先の熟成でもっと滑らかに変身しそう。

Cote Rotie 1996
Jean-Paul
煙草の葉っぽいスモーク。甘みがしっかりとある。酸は穏やか。
黒コショウは感じず。タンニンもこなれている。


赤が多いな・・・。











最近の試飲は・・・

最近、南仏のワインを試飲する機会が多いです。

ピーニャン


Chateau des Tours Vacqueyras 2003
Chateau des Tours Vacqueyras 2004
Chateau Rayas La Pialade oooo
コメント探し中。無念。
全体的に滑らかな印象でした。
グルナッシュ100%でしたが、とても上品な作りでした。

Ridgeいろいろ
リッジ
左から
ガイザーヴィル 2008
紫強し。こしあんの甘い香り。なめらか。あまし。

リットンスプリングス2008
濃い黒色。甘いブルーベリージャムみたい。

サンタクルーズ・マウンテン・カベルネ・ソーヴィニヨン 2007
これも墨汁みたいに黒い。樽香がすごい。

モンテベッロ 1997
黒く、濃い―けどエッジが茶がかっている。
甘みはおさまってきていて美味しい。

Ridge 甘さがやせるまで熟成が必要かな。。。


美味しいシャンパーニュを飲ませていただきました。
盆と正月が来たとはこのことです。非常にありがたいです。
王子と姫
Henri Giraud Rose Francois Hemard NV
ベリーの甘さが最初にあるけど、美味しい酸がしっかりと残り、後味が美味しい。
地元アルゴンヌ産の樽のみを使って原酒が仕込まれているせいか、特徴的な香ばしさがある。

Krug Grand Cuvee NV
樽香がやさしく、ゆっくりとした酸。強いクリアーな金色。粘度も高い。
温度を上げるとカラメルの甘くないような甘さが引き立つ。香ばしか~。
50人くらいがレギュラーメンバーであとは季節ごとに職人を雇っているとか。
完成された手作りのシャンパーニュだな。90年代後半の原酒が多く入ってるそうです。

シャンパーニュ、美味しいな。贅沢だ。もったいなすぎでばちがあたりそうでした。

内閣不信任案の採決。。
管総理退陣表明・・・。

なんだかな。





海と山

台風2号が通り過ぎて、今日は一瞬の晴れ間が見えました。
3週間連続で休みが雨でしたが、久しぶりに日光を浴びることができました。

最近、野暮用で修善寺によく行っております。

修善寺をあまり知らない方のために・・・
修善寺とは
伊豆半島のちょうど真ん中の山間部にある伊豆の温泉地。
「修善寺」というお寺を中心に発展したそうです。
山の中にありながら、すぐに東伊豆や西伊豆の海の幸も楽しめてしまうという
都心から車で1時間半で行けるなかなかのスポットなのです。

自然が手つかずで残っています。
都会のもやしっ子の私としては山に入ると驚きの連続です。

特にハチが怖いです。
子供のころにクワガタを取りに近所の山に入り、
よいしょっ、と木に登ったら、
そこに大きなスズメバチがいて、ヴーーーーーンと目の前でホバリングしてました。
子供ながらにおっかなくて、ちょっとちびったのを思い出します。

排水溝の落ち葉を掃除してたら出てくる出てくる、沢ガニ。
沢ガニ
なかなかのグッドサイズです。近くに湧水が出ている所もあって
そっちのほうはもっとウジャウジャいます。
唐揚げにしたら美味しそうだな。。
でも、顔を見てたなんだか可愛くてできませんでした。

ガサゴソと動き回る、かつての地上の王者ティラノサウスの末裔「トカゲ」くん。
きれいなトカゲ
なかなか七色に輝く美しいバディ。
とてもきれいですが急にがさっと出てくるので、ちょっとビビってしまいます。

豊富な山菜たち。
山菜1
ふきのとうはシーズンを過ぎてしまいまりませんでしたが、食べれる野草がたくさんです。
左から、山椒の芽、あけびのつる、「一番右は不明」←エシャロットみたいに強烈な小玉。

山菜酢漬け


これからは暑くなりそうですが、
今はとっても過ごしやすい、いい気候です。

PC(ほんとはある)もケーブルテレビもWillもないので時間が長いです。
9時には寝て朝7時には起きる、朝型生活もなかなか楽しいです。

これからも
たま修善寺レポートをしていきます。

最近の試飲は

最近の試飲は
PPmoursault
Meursault Pacalet 2007
すごくみずみずしい。
香ばしく、リンゴやラムネ。
樽もやさしく溶け込んでましたが
若いな。

コンドリュー
Condrieu 2007 Doriane E.Guigal
とってもふくよかで華やかな印象。酸も穏やか。南の白はイタリアに似てるな。
美味しい♡
Bourgogne Blanc Georges de Vogue 2007
ミュジニー・ブランといわれるヴォギュエのブルゴーニュブラン。
美味しさも半端ないですが、値段もぱないです。
アロマティックではなやか、セメダインのアルコール、
やわらかい印象でした。

Pignan Rayas Chateauneuf-du-Pape 2005
タンニン滑らか。
継ぎ目が見つからない均一感。

1950
なんともまあ、古いワイン(?)があるもんです。
リヴサルト・1950です。
Domaine Marieの1950年のリヴサルト。
色合いがとても薄く白を樽でじっくりと熟成した感じです。
美味しい~。バニラにかけて食べたら昇天しそうです。
1950年か・・・。僕はなにをやってたのだろう。
あっ!まだ玉玉の中だな。。。。
甘みが全然気にららずに美味しく飲めました。
とても美味しい。

1000種類試飲の旅は続くのであった。





目標設定してみました

毎日、同じ日を過ごしているようでも
時間はしっかりと過ぎていきます。

時間という狩人に追われています。

何事をなすとか、何かをなしえたとかいう
金字塔は要りませんが、このまま狩られるのはまっぴらごめんです。

目標設定してみました。

「2011年に1000種類のワインを試飲する!」です。
確実に前進できる1歩になるはずです。

今年の1月からの累計です。
プロフィールのところにUPしていきます。

全部ブログにUPできないですが
1000本のワインをテイスティングします!

試飲会に行かないとお小遣いが足りないな・・・。

プロフィール

タカテツ

Author:タカテツ
イタリアワインの伝播に生涯をかける!
たまには趣味の釣りにも行きたい今日この頃・・・
仕事と釣り、そして家族に全力投球の毎日を綴る!
A.C.C. NO.25

時計
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Flashリバーシ
by Orfeon
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。